no-image

ゲーム機でグランブルーファンタジー(グラブル)が遊べるのか試してみる

私がプレイしているゲームのひとつに、グランブルーファンタジー(グラブル)というものがあります。グラブルは2014年のゲームながら、なんとHTML5で作られており、専用アプリがなくともブラウザさえあれば動いてしまいます。これはなかなかすごいことです。

さて、一方、最近のゲーム機の話になります。最近のゲーム機は非常に高機能で、ウェブブラウザを搭載しているものが少なくありません。ゲーム機さえあれば、ゲームだけでなくインターネットも見ることができてしまう時代です。

……このふたつの話を聞いて、ある考えが浮かばないでしょうか。「グラブルはゲーム機でプレイすることができるんじゃないか?」という考えです。気になりますよね?やってもみたくなりますよね?

ということで主要なゲーム機について、グラブルが動くかどうか試してみました。

背景

本題に入る前にちょっとした解説です。

現在、グラブルはSafariとChromeという2つのブラウザのみサポートしています。SafariはmacOS/iOSに標準搭載されているブラウザで、ChromeはGoogleが開発したブラウザです。SafariはWebKitと呼ばれるエンジンを採用しており、ChromeはBlinkというエンジンを採用しています。

一見これらのブラウザの間に繋がりはないように思えますが、実はSafariとChromeは兄弟のようなものなのです。なぜならばChromeに搭載されているBlinkは、WebKit(Safari)の派生なのです。BlinkがWebKitから枝分かれして長い時間が経つので、もはや別物と言えるようになっているかもしれませんが、根っこの部分は同じとも言えます。

これだけならちょっとした「豆知識」で終わるのですが、もうひとつ、付け加えておくことがあります。ゲーム機で採用されるブラウザも、大抵はWebKitベースのブラウザなのです。

つまり、まとめると:

  • SafariはWebKit
  • Chromeも元はWebKit
  • グラブルはWebKit系列をサポートしている
  • ゲーム機のブラウザもWebKit
  •  → ゲーム機でも動くのでは……?

なんだかゲーム機でも動きそうな気がしてきませんか?それでは、さっそく行ってみましょう。

ゲーム機のブラウザで動かす

new 3DS(NetFront/WebKit)

トップバッターはnew 3DSです。ちなみに3DSよりnew 3DSのほうがブラウザのバージョンが新しいです。ブラウザはNetFront(WebKit)です。

さっそく動かしてみましょう。

う、動いた!

とは言え一部の画像等が表示されていませんし、反応が極めて遅いので、実質プレイ不可能です。また、戦闘では全てを読み込めず、「Ready」から先に進めません。

また、仮に戦闘に入れても、ろくに動けず他人の迷惑になるのでやめておきましょう。

Vita(NetFront/WebKit)

お次はVitaです。VItaもNetFront(WebKit)を搭載しており、3DSと似たような条件です。ですがスペック的にはこっちが有利です。

早速やってみましょう。

PC用の画面が表示されてしまいました。WebKitですがSafariとは認識してくれないようです。

モバイル用のサイトにアクセスすればいけるのではと思いましたが、Vitaのブラウザにはモバイル用のサイトをリクエストする機能がありませんでした。

Switch(NetFront/WebKit)

Switchには正式にはブラウザは搭載されていませんが、ブラウザ機能自体は搭載されています。シェア画面やeShopなどで使用されています。詳しくは「Nintendo Switchにウェブブラウザが搭載されたら、どの程度のことができるのか」をご覧ください。

SwitchのブラウザもNetFront(WebKit)です。

グラブルにアクセスしてみましょう。

起動はするみたいですが、「新しいバージョンがあります」が無限に出続けて遊べません。このブラウザは正式なものではなく、機能が限定されているので、保存領域周りの処理でコケているのかもしれません。

正式なブラウザのリリースを待ちましょう。

PS4 Pro(WebKit)

PS4 ProもWebKitベースのブラウザです。おそらくNetFrontだとは思うのですが、調べても出てきません。Proも通常のPS4とブラウザは同じだとは思うのですが、家にはProしかないため、通常版は試せません。

グラブルを開いてみましょう。

Vitaと同じくダメでした。こちらもモバイル用サイトを見る機能がないので、ここで諦めざるを得ません。

Xbox One(Edge)

Xbox Oneに搭載されているのは、Microsoft独自のブラウザEdgeです。MSのブラウザというと悪名高きIEを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、Edgeはちゃんとしたブラウザです。Windows10にも搭載されています。

これでグラブルにアクセスしてみましょう。

ダメでした。

Xbox Oneのブラウザにはモバイル用サイトをリクエストする機能がついているので、次はそれを試してみましょう。

なぜか404(ページが見つからない)に飛ばされました。ダメそうです。

まとめ

グラブルはWebKit系列をサポートしているのだから、同じくWebKitを採用しているゲーム機のブラウザでも動くだろう、と試してみましたが、ほぼ全滅でした。

唯一new 3DSでのみ動作しましたが、new 3DSには荷が重くまともに動作しません。Switchは正式なブラウザが来れば動作する可能性はありそうでした。

グラブルは本来ブラウザさえあれば機種などに関係なく動く技術で作られているので、この結果は残念です。サポートが面倒になるという都合があるのでしょうが、将来的にはもっと幅広いブラウザに対応してほしいですね。